美容

化粧水で全身保湿をして気になるとこには乳液を塗る

ボディクリームではなく、化粧水と乳液で全身の保湿をします。
化粧水は全身使うので大容量のものを使います。
お風呂から上がってそのまま化粧水を全身に塗り、乾燥が気になる箇所は化粧水を重ね付けをしその上から乳液を塗っていきます。
気になる箇所は、膝から下と肘の部分が乾燥でよく気になり普段は化粧水で保湿をするだけですが冬など乾燥がひどいときは
化粧水のあとに乳液を塗りその上にラップをします。そのまま3~5分ほど置いて置くと肌がもちもちして肌のトーンもワントーン
上がったように感じます。ラップをしたら一週間は乾燥が気にならず保湿されています。
普段から乾燥が気になったときは、小さいボトルに化粧水を入れて持ち歩き腕など手軽に塗れる箇所は塗るようにしています。
夏場など暑い季節も化粧水でケアするのでクリームのようにべたつかず、さらさらしていて肌触りも良いです。
乾燥していると毛穴も目立つようになってくるので、手軽に保湿できる化粧水がおススメです。

デリケートゾーンに特化した家庭用脱毛器