美容

ぎっくり腰に効く朝の目覚め時に行う柔軟体操

体がかたいため前に大きくかがむことができす(前屈をしても両手が床には全然届きません)体がほぐれていない朝の起きたばかりの頃にちょっと重たいものを持ったりすると、すぐに軽度のぎっくり腰になってしまいます。

一度そのようになってしまうと十数日くらいは続くので、何とかならないものかと考えておりました。そのようになるのは寝起き時など体がほぐれていない時なので、起き上がる前に体をほぐすようにしました。具体的には目が覚めたら枕をはずして体を水平に保った状態で、まずは両腕と両の間接を交互に伸ばします。次に、足を片方ずつ体にひきつけて両足の付け根の間接をほぐします。その次に、足をひざを片方ずつ曲げておしりと床の間に足が入るようにして太ももとひざ間接を伸ばします。これらをゆっくりと行いますと時間にして10分くらいなのですが、体の広範囲にわたって伸ばされた感じがして起き上がっても体がほぐれているような感じがしぎっくり腰にはなっておりません。

ムダ毛の悩みには、家庭用脱毛器で解消できるかも!