金融

クレジット会社との契約は支払い能力のある申込者と結ぶもの

クレジットカードの発行には審査が必須ですが、通過することもありますし、落ちることもあります。クレジットカード会社の多くは、安定した収入があるか、勤続年数は短すぎないかなどを審査で確認しています。

クレジットカード会社の審査をクリアすれば正式に契約を交わすことになり、送付されるクレジットカードでの決済ができるようになります。契約が成立すれば、以後はクレジットカードを決済に使うとカード会社が支払いを肩代わりします。精算については、月に1回まとめて払います。クレジットカードを使った買い物では、お店側は客からはお金をもらわず、カード会社に請求します。新しくクレジットカードをつくる時の審査が終われば、その後はいちいち審査を受ける必要はありません。クレジットカードは便利な存在ですが、気をつけたいこともあります。普段から、ちょっとした買い物にもクレジットカードを使っていると、便利すぎて予算オーバーしてしまうことも珍しくありません。月の締め日の請求金額を見て、こんなに使ったっけと頭をひねってしまう人も多いのではないでしょうか。高額の精算が来てから慌てることがないように、クレジットカードを無計画に使いすぎないようにしましょう。カード会社からすれば、クレジットカードで買い物をしておいて返済ができない顧客には、サービスを提供し続ける意味がありません。支払いが滞ったためにクレジットカードの契約が切られてしまうこともありますし、その後、ローンやキャッシングの審査に通らなくなることもあるようです。
審査が甘い消費者金融