その他

サブプライムローン問題の日本への影響

サブプライムローンの問題が起きてしばらくは、日本は無関係だろうと思われていました。サブプライムローンの融資先は、その大半がアメリカ合衆国となります。日本での最初の受け止め方がどこか他人事だったなら、

それはサブプライムローンの日本への影響を小さく見ていたためでしょう。とはいえ、ことはそう単純な出来事ではないことが、時間の経過につれて徐々に明らかになってきたのです。アメリカ国内の住宅ローンでありながら、サブプライムローンはは担保証券として世界各地で投資材料として買われており、日本にももたらされていたわけです。2重ともいえる仕組みから実態を把握するのに時間がかかり、リスク回避が遅れてしまった点も大きな問題となりました。そして、一時は収まりを見せたかのように思われたサブプライムローンの余波により、2008年に有力の投資銀行であるリーマンブラザーズが倒産に追い込まれました。いかにサブプライムローン問題が深刻な事態だったかがわかろうというものです。リーマンブラザーズが倒産したことで、世界の同時株安状態が発生し、リーマンショックと呼ばれる世界的な不況が起きたというわけです。不況の波が世界の各国を襲い、影響は欧米に比較すると小さいと目されていた日本でも、海外の需要の落ち込みを受けて商品が売れなくなり、景気の悪化を招きました。今なお続く不景気は、この時から消費が落ち込み景気が後退したことと関わっています。近年の金融情勢の悪化は、サブプライムローンのために日本の景気が悪くなったためと考えられるでしょう。
審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社